2009年10月17日

『龍虎図』

 
PMBS1990.jpg

スジ終わりました。次回背景を黒ぼかしでつけます。
テイストでいくと水墨画風な感じでいきたいと思います。

自分の意向で変わった感じの鱗とアングルでやらせて
もらう事になりました。完成が楽しみです。

このお客さんは「ムッツリ」感が否めない方ですが
トライバル系からファーストを手掛けさせてもらい、
徐々に「和」に魅せられて背中までいく事になった方です。

かれこれ6点目ぐらいでしょうか。来春に英国へ旅立つ
との事なんでモテモテボディーに仕上げたく思います。









余談ですが「楽天」「ノムさん」頑張って欲しいすね〜。
セリーグも今日からです。隠れ燕っ子な自分なんで3位
からの大躍進を期待します。



 



posted by わかとも at 06:05| Comment(0) | 本日の彫りもの

「思ふところ‘09秋」

 
長文書き込みます。興味無い方はスルーで。



『何でそこまでしてくれんの?』


素で親友に言われた衝撃的一言である。

別に善意でも何でも無い。一過性の類いである。


自分の人生の後期は常に恵まれた出会い故の恵まれた
環境にある。ただそれ全てを人様のお陰で通してきた
訳でもなく、常にそれを決して裏切る事無く、出来る
範囲で応えてきたという自負も多々ある。

何遍も公言してきた事でもあり、上から目線で物事を
判断材料にしない様心掛けている。

功労者は器用・不器用問わず報われるべきである。

そのタイミングが絶妙すぎて自覚無しに過ぎ行く場面
を外野から幾度となく見てきたのも事実である。

この瞬間の一語一句で後の人生が左右するのを想定し
続け、それを発する人はまず存在しないものと考える。

けれどそこに悪意無き助言をそえられる、意見ができ
る事によって少なからず可能性を伸ばせるならば損得
勘定抜きにありとあらゆる分野の視野が広がり、気付
かずと己の発奮材料と科す場合も稀ではない訳で。

それが先方にとってみれば、不思議と冒頭の疑問詩に
なっただけの話あります。

偽りだけの人生と真実と現実の人生。
選択するのは本人次第ですが第三者から客観視した時
選択するのもまたその人次第となっちゃう訳です。


始発近くのとある沿線でイヤホン越しに好みの音楽を
聞きながらボーと考えていて自分なりの気持ちのいい
回答が見つかった気がする今日です。

誰にでもチャンスは平等にあり、それを自ら気付けた
人とそうでない人、気付かされた人とそうでない人。



自分はやはり恵まれた者であり、それに気付けて継続
できている幸せな者であるとつくづく思った。


またこの仕事一本で食えている事を誇りに思い、その
需要に常時限りなく全力で応えられる様に精進したく
思います。欲しがりません、勝つまでは!…何に?




 










posted by わかとも at 05:45| Comment(0) | 本日のマスタべ