2013年01月30日

「 西海岸☆海老 」


昨日、暇な時間にネットで
あちこちウロウロしていた。

ついでに色々検索かけてたら
何故か名前が数件ヒットして
いるサイトをハケーン。

クリックして驚いた。



d6db30cf.jpg

復活してやがる…。

しかも去年の11月ぐらいから。
別のブログで一年も待たずに。

おいおい、元気そうぢゃねーか。

ジェラった。


しかも結婚して名字変わって
子供も生まれている。
二児の乳親になっている。

思った。

うらやますぃ〜。

噂は聞いていたが元気そうで
何より幸せそうで良かった。

悔しいが一時間ぐらいかけて
全部拝見させてもらった。
デフォルメ多数だったけど。

うわ楽しそう〜。


車やバイク、ホビークラフト、
シモネタ、タトゥーにメシ。
相変わらずコアな記事に
沢山元気をもらった。

自分の中で忘れかけてた大事
なものが剣スコでザックザクと
掘り起こされた気分になった。

落ち着きやがって…とか
思ってたけど男のロマン的な
あるべき姿に感動さえした。

やるべき事をしっかりやって
尚かつ好きな事をこなす
のは大変だけどそれを実行
する情熱が大事な訳で。

野郎いつもそうだ…。
いつもオレのハートをガッチリ
キャッチ!!!

こりゃー雪溶け前に
酒田に行かなくちゃならねぇ。

情熱って名前の落とし物と
形見でくれるって言ってた
"エポ子"を引き取りに。

ついでに激吸の集合管を
斜にぶった切ってやるぜ!


87150352.jpg







posted by わかとも at 13:06| Comment(2) | 本日のマスタべ

2013年01月25日

「 巳年始めの仕事とか 」




IMG_0991.jpg

IMG_0993.jpg

IMG_0956.jpg

IMG_1003.jpg

IMG_1016.jpg

IMG_1044.jpg

IMG_0865.jpg

IMG_1023.jpg

IMG_1025.jpg

IMG_1027.jpg

蛇の絵沢山描いてます。

IMG_0926.jpg

レ◯プされかけてます。




ご依頼お待ちしております。



posted by わかとも at 19:52| Comment(0) | 本日の彫りもの

2013年01月21日

「 トゲヌケテ 」


おふくろさんが上京して
たんで、少しばかり観光をと。

幼少の頃よくバスに乗って
買い物に連れて行ってもらったの
を思い出し、いつの間にか逆に
なっちゃったんだと気付く。

そういえば行ってなかった
東京名所、おばあちゃんの原宿。

ガチのサシで巣鴨へ。

IMG_0962.jpg

IMG_0964.jpg

試食の漬け物を食いまくり、


IMG_0969.jpg

曹洞宗高岩寺とげ抜き地蔵さん。
そこのおばあちゃん、躍起なって
股ぐら洗いまくってますが?

IMG_0972.jpg


本来、明治神宮や靖国神社に
連れて行ってあげたかったんですが
喪中につき問題あるんで

同じくそういえばまともには
行ってなかった上野は不忍池
寛永寺弁天堂へ。

IMG_0979.jpg

IMG_0976.jpg

IMG_0978.jpg

IMG_0974.jpg

IMG_0980.jpg

このあと谷中などに立ち寄り、
某百貨店でお買い物をして
夜も遅い時間に一人バスで帰る
おふくろさんを無事に見送り、

IMG_0988.jpg

およそ4年ぶりの嬉しい再会の
ために新橋へ急行。
写真の人は全然来ない人です。
いつも笑ってごまかします。



IMG_0997.jpg

別の日、地下鉄で夜のザギンへ。
う〜ん、やっぱいる事自体違和感
を感じます。似合わん。

IMG_0995.jpg

更に似合わない料理を
おいしゅう頂きました。
大変ごちそうになりまして。
有難うございました。


yuki.jpg

こんだけ降られると故郷秋田
と変わらない。
インド料理屋の人達が
子供のように雪合戦してた。
酒を片手に。何故か微笑ましい。



danmitsu.jpg

さすがの東スポさん、壇蜜さんの
トップ記事がやたらと多い。
気がつけば買っている。


さー絵を描こう。








posted by わかとも at 05:33| Comment(0) | 本日の旅行記

2013年01月14日

「 蛇の道 」




あまりに何のアクションも無い
のでご心配の電話など多々頂き
ましたが、仕事は始めています。
依頼もドシドシ受け付けてます。
絵も色々と描いています。
ご心配させてすいません。



一月一日元旦未明。

不本意ながら忌み嫌われた
同じ小さな街で生まれ育ち、
幾多の苦楽を共有し、
20年という長き歳月に渡り
自分を実の弟のように愛して
くれた偉大な先輩が逝きました。

そのわずか数時間前の大晦日に、
「来年は本当に良い年にしよう」
と普通に話をして矢先でした。

人間違いで殺人事件が起こる
どうしようもなく、許しがたい
末恐ろしいこの世の中ですが

真剣に絆という大事さを諭され、
護られ、励ましてもらいました。

別れが突然すぎて現実を
受け止められないままでしたが

先日、やっと再会して小さな
骨壷に納められたのを見届け、
形見分けをして頂き、
自分の中でも1つの区切りを
つける事が出来た気がします。

何より、豪快で無茶ばかりして
ましたが、実は繊細で辛気くさい
のを嫌う人でしたので沢山の涙の
後は思い出話で笑って送って
あげようと皆で故人を偲びました。

この仕事を始めたばかりの頃も
お互いお金も無いのに無理をして
アゴアシ付きで呼んでくれて
彫らせてくれたのも先輩でした。


不在の時期も多々ありましたが
それでもその絆が決して切れる事
無く繋がっていたのは先輩が人に
対する思いやりを教えてくれて
いたからだと思います。

鬼の形相で怒っているのは何度も
見て来ましたが、自分が怒られた
という記憶が全く無く、その温かい
優しさだけが今も伝わってきます。


向こうで少しはゆっくり休んで
また無茶をして見守って下さい。
いつかまた、一緒にバカ騒ぎ
しましょう。待ってて下さい。

今迄本当に有難うございました。




同日、幼少期の記憶しかなかった
のですが叔父さんも他界しました。

上京したおふくろさんと叔父さんも
同じく見届けできて、おそらく
初めて会ったであろう従兄弟とも
お話する事ができました。


運命とはなにか。

人の死とはなにか。

絆とはなにか。


試練の巳年の年男の幕開きは、
喪に服す事からとなりました。

今年が自分の真の正念場です。

メンタルが弱いとよく指摘される
自分ですが、逆に今年ほど意欲に
湧いている年はありません。

年末から年始にかけ許容範囲を
逸脱する色々な事が起こりすぎて
自分だけの力ではどうにもならない
事態も多々ありました。が、

全てを真摯に受け止めて、己の為、
先輩の為、皆さんの為に蛇のように
うねりながら地を張い精進して
参りますので本年もどうぞ
宜しくお願い致します。


2013hebi.jpg

平成二十五年一月 和芳友









posted by わかとも at 19:15| Comment(0) | 本日の告知