2018年05月25日

「 予約について (About reservation)」


ここ最近は有難い事に海外から
も多くのお客さんが来てくれて
います。毎年3月ぐらいから
その数が跳ね上がり当所も
てんてこ舞いになります。

海外の方はチケット等の関係上
数ヶ月前からきちんと予約を
してくれています。無論その場合
デポジットも払ってくれて
いますのでこちらも拙い英語で
対応して絵を描かせてもらい
きちんとOKが出るまで下絵を
作成して段取りしています。

わざわざ宿泊先の都内の方々
から人だらけの電車に揺られて
Wi-fiもあったりなかったりで
地図を見ながらコンクリート
ジャングルや迷路と言われる新宿
までちゃんと来てくれます。

会った事もない言語も文化も違う
彼らの仕上がった後の喜ぶ顔を
見る度に達成感と幸せを感じます。


個人的には街の刺青屋を自負して
いますので日本在住のお客さんも
当然ながら予約でやらせて
頂いてます。時折メールやSNS
のやり取りだけで済ませようと
いう方がいますが一生モノを
体に刻む過程をあまりにも軽く
考えている事が非常に残念で
あり歯がゆい現状です。

文面だけでは伝えられない意図
や感情が多々存在します。

たった一本の電話で色々と
状況を判断できるのであれば
それを面倒と捉えるか否かは
その人の本気度でもあります。

元来お客さんという入りでは無く
忖度したつもりがなぁなぁになり
"ちゃんと客扱いしろ"とほざいた
勘違いで痛い人もいます。

自分都合で深夜や早朝のおかしな
時間に投げっぱなしの連絡を
してくる人もいます。
社会人であれば必要最低限の
常識を持って欲しいと思います。


最近は数年間空いたお客さんも
戻って来てくれたりしていますが
不思議と懐かしく嬉しく思います。


自分も金銭を頂戴している以上
刺青に対して妥協した事も今後
するつもりも毛頭ありませんので
ご理解頂ければと思います。

タイミング的な問題もありますが
ワンポイントであろうが大きな
絵柄であろうが関係はありません。


自分としてはこのアナログスタイル
は様々なツールで便利になった
世の中ですが変えるつもりは
ありませんのでお願い致します。


全ては縁であると信じています。

 "和芳友"を選んでくれて
有難うございます。


My studio is appointment only.
Please make a booking
and pay me a deposit.
send a mail form or DM
by Instagram. 

Thank you for choosing me.






posted by わかとも at 16:51| Comment(0) | 本日の告知