2018年02月08日

「 最近の余談 」


冬季オリンンピックが
間も無く始まります。

それとは真逆に、

"みなさん"と"めちゃイケ"

が3月終了します。


とんねるずとナイナイ他。


幼少期当日の自分の

バイブルでした。

幼くも毎回腹を抱えて

笑っていました。


とんねるず関しては小学生

の頃から毎週観ていた番組で

モノマネも流行りましたし

観てないと翌日バカにされる

ほどの次元でした。


中学に上がってからは怒涛

の勢いでダウンタウンらが

バイブルとなりました。


"ねるとん紅鯨団"と

"夢で逢えたら"

"ガキの使い"


毎週必ず観てました。


めちゃイケは10代後半です。


おっとびっくり紗理奈さん

や雛形さんはタメ歳になります

んで同世代として共感できた

部分が沢山ありました。



テレビ全盛期の黄金期を

支えた方々の功績はハンパ

無いもんだと思います。


とんねるずは関東や若手芸人

さんの窓口的存在であり、

"つまらなくなった"とか

言う人もいるけれど

それは自分らが歳をとった

のが大きな要因で30年も

変わらないスタイルで継続

してきた事は紛れもなく

凄い偉業だと思います。


一時代と笑いを創っていた

方々を労いたいと思います。


今やテレビ業者は廃れてつつ

有り様々な規制で溢れ返り、

面白さも無くなったと

言われています。


"自分テレビとか観ないっス"

と言う事がカッケーみたいな

時代に移行しつつあります。


SNSやYouTubeやAbema。

利便性や好奇心を考えると

これも新しい文化とは思い

ますが、自分らアナログ

世代は一周回ってみんな

生粋のテレビっ子な訳で。


いつでも観れるという設備は

皆無でその瞬間をみんなが

期待していた素晴らしい

純粋な時間でした。


あの当時、VHSに録画

しながらも噛り付いて

観ていた自分を思い出したら

この業界の激流に違和感

を感じます。


残念で仕方ありません。


テレビってもっと家庭を含め

社交性を左右するぐらい貴重

なものだったと思います。


これも時代の流れ。

白黒時代の方々が、今この

状況想像出来ていないのと

同じに、自分ら世代ですら

驚愕している。


悲しいながらこれも摂理。

老兵は去りゆくのみ。

新しい世代の波に期待です。



3月終了なので最後の最後に

めちゃイケのラストランと

とんねるずとダウンタウンの

共演をガチで期待しています。


そんなん観れたら、オジサン

は失禁する事でしょう。


本当に期待しています。


001-8.jpg






posted by わかとも at 13:02| Comment(0) | 本日のマスタべ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。