2016年04月18日

「 7 」


でかいっすね…。

昨年イベントでお邪魔した
熊本が今大変な事になってます。

大分にしかり。

シンボルであった熊本城のあの
姿を見た時に愕然としました。


地震慣れしてない土地と言えば
失言にあたるかもですが
自分らも経験した余震よりも
酷いんじゃないでしょうか。


物流に関しては東日本の時より
円滑に進みそうですが
違うタイプの地震なので家屋や
道路等の損壊は大きいと思います。
インフラが問題です。


歯がゆいですね…。


ネット上でも自粛について
色々賛否巡ってますが先ずは
現場の方々の生の声を聞くべき
だと思います。くだらない憶測や
誰かが予言していたみたいな
クソネタはうんざりです。

それを必死で拡散してる暇な
人間もウンチ以下ですね。

SNSは有意義に使わないと。
一人よがりは人道から外れます。


テレビに関してもどちらでも
なく、見たくなかったら見ない
方法はいくらでもありますし、
報道に関してもされなきゃ惨劇が
伝わらない事実があります。


あまり発言力のある人達が
個人的主張を強調したり消極的な
事を発信するのはどうかと。

とりあえず今は現場の状況と
要る、要らないを最優先に
しないと前進しないと思います。

"普段と変わらぬ行動を"なんて
被災者が知人の為を思って言う台詞
であってお偉いさんが頭ごなし
に言っても説得力ないですし、
経済力ある人が言っても自分には
ただの余裕にしか聞こえません。

果たしてお前が普通の生活して
てその言葉が言えるか?です。

自分的にはやはり前回の経験上
"討論してるならば行動を"
という思いがあります。


本来ならば直ぐにでも現地へ
行ってやれる事をしたいですが
今は自分なりに出来る事を
冷静にやっていきたいと思います。

皆さんも小さい事からでも
出来る事を探す行動が大事だと
思いますので考えてみてください。




posted by わかとも at 18:03| Comment(0) | 本日のマスタべ

2016年04月12日

「 びーてれ 」


一昨日、昨日と朝方の生中継の
マスターズゴルフを食いつく
ように観ていました。
お陰様で寝る時間がおかしく
なってしまいました。

ゴルフ全然好きでは無いのに。

松山選手惜しいですね。

今最もグリーンジャケットに
近い位置にいますね。全米全英
ともに。来年に期待です。

ここ十数年ぐらいまともに
テレビを観てませんでした。
特にバラエティ。ニュースは
毎日必ず覗いてましたが。
時間帯がズレまくってたのも
原因の1つでもあります。

結構テレビっ子だったのに。

自分が良くインスタとかで
使うネタは朝観るニュース番組
か、ワイドショーネタでした。

最近環境の変化でHDで録画が
出来るの学習し、興味本位に
やたらと録画しまくってます。

そこでカトパンに出逢いました。
完全に今更なんですが。フジ系列
を多分1番観てなかった様です。


時間がある時は未だに映画も観て
ます。多分年間〜80タイトル
近くは観てます。邦画洋画とも。

その間を縫ってテレビも観るん
ですが1番オモロいのがやはり
ダウンタウンの番組ですね。
世代でもありますし。

”本音でハシゴ酒”とかは多彩な
ゲストを相手に酒を交えての
ガチトークはあのお二人にしか
出来ないですし、観てても本当
に楽しそうで良い番組ですね。

政界の大物ゲストなんかを
酒飲んでも相手できるのはあの
やはり二人だからでしょうね。

坂上忍さんの仕切りも完璧で
本当に美味そうに酒を呑む方
なんで申し分無いですね。

ダウンタウンは自分らモロに
観て育った世代なんで影響は
かなり受けたと思います。
既に50を過ぎていますが未だに
あのキレ味は凄いですね。

歯に着せぬ発言とタイミングは
色褪せる事無く健在で松本さん
に関してはワイドショー的な
番組までしてますが他の著名な
コメンテーターに引けを取らない
的を得た意見は共感するもの
ばかりで気持ちがいいぐらい。

実際に自分がここに書いた
時事ネタを番組内で似たような
発言されたりもしてますし
シンクロまでいきませんが
同じ周波を勝手ながら感じます。


結婚して子供ができても変わらず
常に攻める姿勢に憧れます。

あんなオッサンに成りたい。



posted by わかとも at 12:01| Comment(0) | 本日のマスタべ

2016年04月09日

「 マイチルサクラ 」


サクラが散り始めた関東地方、

何の因果か同時に水泳界のスター
の希望も儚く散った。


北島康介選手、長い競泳という
ステージからの引退。

5大会連続出場という快挙は
成し遂げれませんでしたが
その記録と記憶は誰もが忘れは
しないでしょう。


選手生命が短いと言われる
競泳の世界で33歳まで現役を
貫いた偉業は同じ処遇で約16年間
もの期間オリンピックや国際大会の
為だけに生きてきたアスリート
しか苦労がわかる訳もない。

できれば今大会も出場しまた名言
とともに盛り上げて欲しかった。


競技者である以上絶対に訪れる
体力と精神の限界を、変わらぬ
スタイルで平泳ぎという種目だけに
注いだその姿にただ参りました。


北島選手に憧れて競泳を始めた
世代が次の日本代表を背負って
行ってくれると願うばかりです。


”今後は切符を掴み取った後輩
たちを応援してやってください”

自らの進退よりその思いやり。

彼の潔さはまるで現代の武士
のようなスピリッツで最後まで
熱い姿勢を試合で示してくれた。

一時代を築いた人達がまた一人と
引退していく中で自分も感じる
事が多くなってきた気がする。



時を同じくして競技は違えど同じ
メダル有力候補の選手達の失態。

魔が差したのはまだ理解出来るが
その額がやはり一般人とは違う。

無関係の周りの人間までが疑いの
眼差しで見られるのは必至である。


彼らを支えてきた人達の涙が
その悔しさを明確に表している。


"もったいない"


持って生まれた、自ら開花させた
その才能を何故無下に扱うのか。

誘った方も誘われた方も違法
ならば完全に両者に非がある。

個々の瞬間的な快楽の為だけに
才能溢れる若い芽を摘むのは
誰でも苦痛な事かも知れないが
それを安易に見過ごすと誰の
ためにもなりゃあしない。

自身の過ちのせいで色々と
人を巻き込みめくれちゃってから
”後輩だけはもう一度チャンス
を与えてやって欲しい”とは。


どうしても出たくても無情にも
叶わなかった人の舞台裏で起きた
この陰陽の差はなんだろう。


どれだけ両極端な話なのだろう。


某球団にしかりそうである。

言われても仕方無いだろう。
"あの世代は" や "今の若い奴"
という禁断の台詞を。

どう考えても普通じゃ理解し難い
事を平然とやっている。

事の重大性に気づいて泣くならば
敗れた結果に泣きたい人達が
沢山いるわけで、そんな矛盾が
まかり通るならばオリンピック
なんか必要ないものとなる。

大袈裟かも知れないが無数の
屍の上に立つのが代表の座だ。

デタラメだらけの世の中で、
夢や希望があるならば誰でも
トップに成りたいという目標に
心酔して励む行動だけだと思う。


深く考えさせられました。
オッさんなりに。

兎にも角にも、北島選手
長らくお疲れ様でした。
暫くはゆっくりして欲しいです。


育てのコーチが言った。

"北島ロスになる"と。

脱帽です。そんな存在って成ろう
として成れるもんじゃない。


自分如きが語れる話じゃない。


しかしながらディスりもしかり、
時事ネタは今後も継続していこう
と思っております。




posted by わかとも at 09:20| Comment(0) | 本日のマスタべ

2016年03月24日

「 りーふん 」


スッパ抜かれましたね、

乙武氏。


先日テレビで見ていた時に
参院選出馬について「無い」
と言っていた矢先、その後
急激にメディア、SNS等の
露出が激減し、それをさらに
コメンテーター達に「準備だ」
「スキャンダルに備えてる」
などと突っ込まれてました。

まさか本当叩かれて埃が出るとは
案外予想外だったとは思います。

自分はだいぶ前になりますが
とある席で同氏にお会いした事が
有り、ちゃっかりと写真まで
一緒に撮ってもらった経緯が有り
それ以前に同氏のベストセラー
著書「五体不満足」も読ませて
頂いていましたのでファンでも
ありました。会ってを話した印象
も大変気さくな方でした。

彼の"同情"を目的としない信念や
スポーツライターとしての記事も
とても内容のあるもので好感を
抱いていたのであります。

ただこの時期にこのタイミングで
この風評の中でのスキャンダル
はやはり問題なりますよね。



自分的には別にいいんじゃない
って言うのが本音です。珍しく。
家庭があってお子さんも二人
いらっしゃいますが、あれだけ
の苦労をしてきた方ですし、
何というか、もうそっちの方
ぐらいしか興味がいかないと思う
んです。勝手な話ですが。

自分は不倫とか完全否定派ですが
奥さんと話し合いを繰り返し、
それによって形式上でも和解が
成立しているなら例え奥さんが
苦しく嫌な思いをしたと言っても
極端な話第三者は治外法権です。

教育関係の仕事もされてましたし
物心ついて真面目一本での生活を
余儀無くされた場合の心理は
当事者しかわかりませんし、
そのポジティブさ故にここまで
の社会的地位にいる訳ですから。

別に不倫を擁護する訳では全く
ありませんが、最近巷を賑わせて
る人達と比べたらゲスさも感じ
ませんし、あーやっちゃったなー
て感じです。ただその後めくれた
5、6人いたって言うのは
余計だったかなと思いますが。笑

言い方は悪いですがあの容姿で
奥さんを含め複数の女性が彼に
魅力を感じるのは当然ですし、
やはりそこには"同情"では無く
 一時的でも"愛情Wという気持ち
だったと疑う余地は無いです。


いずれにせよ、今後は政界を含め
世論がどう捉えるかですね。

出馬の話も微妙になりますし、
個人的には同世代の好きな方
なので政界に飛び込んで色々と
かまして欲しかったんですが。


暫くは見守るしか無いです。


最近はタイピングが乗ってるんで
次回はまたディスりかも知れません。

そんなに悪意無いですが愚痴に
聞こえる場合もありますんで
心臓の悪い方、精神的に不安定な方、
嫌な方は読まないでくださいね。



posted by わかとも at 16:48| Comment(0) | 本日のマスタべ

2016年03月19日

「 でぃすりまくり2 」



ディスります、あげいん。


自分なんかも今年に入ってから
数回刺青を彫ってもらいました。
完全に己の意思です。

特に何かあった訳でもないですが
前から気になっていた箇所を
無理を言って先輩の彫師さんに
修正してもらいました。

あくまで個人的な問題ですので
きちんと仕事としてやって頂き
お金も発生する状況下になります。


何気にお客さん目線になれます。


数日前から体調管理しつつ
当日の日程も決め朝起きてシャワー
を浴びて小綺麗にして出かけます。

終わった後に軽く食事もする
予定ですので無論電車で行きます。

30分ぐらい前には最寄駅に到着し
腹が減っているならば立ち食い
そばなどを胃袋にぶっ込み
そのままコンビニ等で差し入れ
を買います。自分は時間ピッタリに
行くのがベターだと勝手に思って
ますので時間を見計らって
チャイムを鳴らします。

始まる前のちょっとした緊張感、
鏡でマジマジと見る己のメタボ、
フリーハンドで描かれている間の
ワキ汗、すべてがお客さん目線。

彫られている時の体勢や休憩の
タイミング。途中道具や技術の
話も交えつつ、終わってからの
アフターケアやその後の進行具合。

もうすべて勉強になります。

やはり久々に彫ると痛いです。
自分なんかはまだまだスペース
がありますんで本気で埋めると
なると相当な時間を要します。

ただ、様々なスタイルの彫師さん
に今後も彫ってもらいたいという
コレクターっ気もありますんで
気分次第で埋めていきたいと
思っているのが本音です。

歳を重ねると段々としんどくも
なってきますが多分大きな病気
とかにならないうちはちょこちょこ
進んでいくんだろうと思います。

よく"ドンブリ"いわゆる総身彫り
と言って全身が既に埋まりまくって
彫るところが無い彫師さんに
言われることが、"お客さんに
どうやって痛みの説明するの?"
真顔で問いかけられます。

確かにその通りで言い訳すら
ままならく、答えられません。

人に痛みを与えるならまず己から。

これはこの稼業をやっている上
での宿命であって、皆さんが自身の
体や先輩後輩の体で練習を重ねる
のがセオリーです。ですから
基本的に彫師さんの自彫りの
代物は痛々しいものが多いですが
年季が入って逆にカッコよく
見えたりもします。

自らで彫っていくのもマシンの
設定やカラーの具合など習得
できる事も多々あります。
ただやはりそんなに綺麗には
いきませんし、あくまで練習に
過ぎ無い痛みを伴う荒業です。


自分の持論ですがもし刺青自体を
懺悔するならばそれはやはり自らを
痛めて産んでくれた母親なのかと
思います。そんな絵柄を思い描いて
産んだわけではないですから。


たまにスッカスカの人いますよね。
見える範囲だけ勢いで彫って
背中もフロントも空いてる。
俗に言うなんちゃってスタイル。

自分ならやはりそんな人に彫って
は欲しくないですね。自分に
妥協してるのがバレバレですから。

時間がないとかは言い訳です。

一番意味がわからないのは
ノーメークアーティストみたいな
体まっさらなのに彫師みたいな。

ふざけんじゃねーです。

何がわかるの?って話です。
自分らは知識も貧しい頃から他の
彫師さんとこ通っては色々目で
盗んで時には教わってきた訳です。
様々な代償を払いつつ。

自分は入れたくない、入れられない
とか言って痛みも知らず、他人には
ガンガン彫って我慢しろと言って
るとかどんな神経してるのか。

しかもその理由を無理やり美談化
して納得させようという魂胆も
全くもって気に入らない。

確かに昔有名な彫師さんでサラの
方もいらっしゃいましたが元々
技術の次元が違うし時代も違う。

それを引き合いに出してる時点で
滑稽で自己弁護に無駄に労力を
使っているだけでしょう。


そんな暇あるなら少しづつでも
自身の身体で勉強するべきだ。


個人的にそんなやつはどんなに
上手かろうが人格が良くても
自分は一生認めないだろう。

同じ土俵にすらして欲しくない。
周りに持ち上げられて笑われてる
のも知らず哀れにすら思う。

それでもやりたいなら露出なんか
せずにただひっそりとやればいい。

先人への礼儀も知らない者は
いつしか淘汰されていくだろう。

アメリカにも行った事がないのに
アメリカントラディショナルを
我が物顔でしちゃってる。

食えないを理由に昼間別の仕事
して片手間にやっちゃってる。

もうお話にならないっすね。


なので自分もそうは絶対ならない
様に、思われない様に日々勉強
を重ねますし、同じ類にされた日
には潔く引退する覚悟でやって
いきたいと思うこの頃です。









posted by わかとも at 13:52| Comment(0) | 本日のマスタべ

2016年03月17日

「 でぃすりまくり 」


ディスります。

とりあえず…

マイナンバーが届きません。
何故でしょう?新宿区は他の
追い込みはハンパねーくせに
その辺がアバウトだったりします。

これに関する導入の賛否は正直
どうでもいいんですが、本当に
少しでも税金やその他対策に
本腰入れて欲しいところです。

消費税しか払ってないような輩
がおまわりさんや役所関係者に
税金ドロボーとか恥じらいも無く
言い放っちゃう悲しいご時世です。

そのスジで生きてるならまだしも
中途半端な者が威勢良く吠えても
カッコもついてない訳ですから。

年金問題には自分も首を傾げる
状況なんですが、所得は出さない
と社会的に存在価値まで怪しく
なってきますからね。10代20代
なら若気の至りで済みますが。

実際自分もその辺は理解して
ませんでしたし、してませんから
あちこち審査とか大変でした。

当時金融関係ですったもんだ
もあったんで部屋や事務所
借りるのも実際大変でした。
現状借りれてますが。

国民の三大義務はご周知の通り、
”納税、勤労、教育” です。

自分みたいなもんはそのうちの
2つをすっ飛ばして生きてました
から、後から痛い目をたくさん
してきた感じがしますね。

それと今の生業は関係無いですが。
                                                                 

同世代のアラフォーのオッさん
でどうしようもないタイプで、
国家資格とか色々取得してる
割に納税も申告すらしてない
ウマシカ野郎がいます。

タチが悪いのは政治を語り出す
という痛いところです。

なのに一丁前に選挙には行けと
推してきます。有権者が民主主義
を構成するんだと吠えます。
義務も全うしてない奴が。

ちゃんちゃらおかしーぜと。

酒が入るとターボがかかります。
前にそれを録画したんでヨウツベ
あたりにアップしたろうかなと
思いましたが炎上しそうなんで
止めときました。

東京都は区によって色々と面倒が
あるんで引っ越しして逃げて
いるという事実もあります。

しかも無類のギャンブラーとか。
休日は公営ギャンブル三昧とか
全くもって意味がわからんです。

民主主義を語るオッさんが
共産主義、軍事国家の資金となる
某国への援助を助長している。

ギャンブルでは無いと言い張る
為に株やFXに小銭で手を出し、
インテリを気取る。よくいる
痛いパターンのタイプです。

見て、聞いているこっちの耳
までもが真っ赤に染まります。

してるからこそ見える世界観を
してないからこそ空気が読めない
立ち位置で往生してる。

そんな気がします。

偉い、偉くないの前に普通、
普通じゃないといった感じ。

どんなに斬れ味の良い刀を
持っていようが差しっぱなし
だと全く意味が無いという
最も滑稽で最も無駄なもんです。


己の器量不足ゆえの結果に
甘んじて不正受給で生計を立てて
貯金までしたとかの話も聞こえて
きます。もはや全く笑えません。

よく自慢げに話ができるなと。
ただの詐欺で犯罪ですからね。

自我に目覚め、優先順位を自ら
掘り下げたものにしていると
人は劣化していくものかなとも
思います。恥を知らないから。

多分周りがしっかりしてれば
必然的に見真似するもんですし
環境が悪いとしか言えません。

先ずは何でも良いけど数回
こなしてから対等にものを言って
くれという感じです。


自分のお客さんなんかと話を
していますと、会社勤めの方々は
凄いなと思います。家族を養い
家や車のローンに追われ
それでも何か趣味を持ちたい。
それが刺青だった。

頭が下がります。

無論独身の方でもそうです。
普段は孤独と感情を押し殺して
生活をしている様は同じ境遇に
いるとよく理解できます。

自分も今はピリピリした空気
の中ハラハラしながら最低限の
義務は全うしたいと思いつつ
終わりの見えない情勢に悶々と
して仕事をしてる状況です。


決してストレスのはけ口では無い
ですが、また色々と個人的に
思う事を記していきたいと
思います。




posted by わかとも at 22:48| Comment(0) | 本日のマスタべ